株を始める時は不安一杯

初めて株の取引きをする時にどうしたらいいか解らないので、本を見たりネットを見たりします

rainbow

株を始める時は不安一杯

初めて株の取引きをする時にどうしたらいいか解らないので、本を見たりネットを見たりしますが、やはり書いている内容は実際の取引をしなければ解り難いと思います。

始める前は実際にお金のやり取りをするわけですし不安があります、よく株で全てを失ったという事も周りから聞いたり、恐ろしいイメージもありますが、実際は危ない取引をしない限りは安心して参加出来るものです。

最初は初心者用に書かれた証券会社の開き方、取引の仕方等の初歩的な本を見ながら最初は開始して、実際にデモ取引等を行ってみるのが良いと思います。デモ取引から入って、その後本やネットで情報を仕入れると頭に入りやすいです。

株の取引きは金銭が発生するので、現金を使って試しにやってみて覚える、と言うのではリスクが高いですからデモ取引や、または小額投資で取引可能なミニ株で実際の売買を学ぶのも良いと思います。

ミニ株の場合は1株からでも購入可能なので、実際の取引に慣れるには適しています。

直接株取引をできる時間帯というのは決まっていて、平日の朝9時から11時30分までが前場、12時30分から15時までが後場となります。

この時間帯が株式市場が開いている時間で株価が動いており、土、日、祝日、年末年始等は取引所は休みになり取引が出来ないです。

株式投資の注文方法は「買い」と「売り」があるのですが、

通常の株式取引の場合は、買い注文から入って、株価が上がれば売り注文を出すというのが一般的ですが、一部の信用取引の場合は売り注文から入って、株価が下がった所で買い注文をする事は可能です。

注文の方法は、指値注文と成行注文が基本になります。
指値注文と言うのは、現在110円の株を100円で買いたいとすると、100円になるまで待って買うという注文です、ようは買いたい値段を指定してその値段に来るまで買わないという事です。

成行注文は、今現在のその値段で買うという注文方法で、すぐに購入可能です、ただし、110円の株を注文に出した瞬間120円になれば、120円で購入しなければならないという事です。

これらの取引も実際にデモを通して学ぶとより解りやすいので、まずは証券会社のサイトでデモ取引をやってみてから実際に株取引を行うか判断するのが良いです。

他社借入があっても借りれるキャッシング